目黒区総合庁舎
目黒区総合庁舎エントランスホール
目黒区総合庁舎は、千代田生命保険会社の本社ビルでした。1966年5月末に竣工したこの建物は、日本の高度成長期における建築家村野藤吾氏の代表作の一つとして知られています。南口玄関の車寄せには、翼を広げたようなアルミのひさしがあります。そこからエントランスに入ったところが「めぐろルンルンLIVE」の最初のLIVE会場となります。エントランスホールの床や壁は、白大理石張りで仕上げられています。中庭側には水が張られ、水面に接している地窓からの光が反射して天井をやわらかく照らします。反対側には、十字型のアクリルのオブジェが配置されています。オブジェ越の地窓からも外光が間接照明のように差し込みます。天井には、8つの明り取り窓があり、内側に作野旦平氏が制作したガラスモザイクによる四季が表現されています。ホールの奥には、岩田藤七氏による色ガラスブロックの袖壁があり照明器具となっています。
※東急東横線、東京メトロ日比谷線:中目黒駅下車 徒歩8分
めぐろパーシモンホール
めぐろパーシモンホール
めぐろパーシモンホール 小ホール
めぐろパーシモンホールは、めぐろ区民キャンパス内にある文化ホールです。「めぐろルンルンLIVE」では8月11日(火曜日)に無観客ライブを予定しています。ステージや観客席は使用せず、土間での使用とし無観客を予定してます。ピアノはスタインウェイD274とヤマハ S6Aで2台のグランドピアノを用意してます。
めぐろパーシモンホール
めぐろパーシモンホール
※東急東横線の都立大学駅下車 徒歩7分